Title

Direct Parts Marking

多くの自動認識技術の補完技術として電子透かしは活用されています。

一次元バーコード、二次元バーコード、RFID・・・
傷、汚れ、耐水、耐熱等、管理対象物は過酷な環境で製造され、利用されます。あらゆる環境でも利用できる認識技術があることで、IoTを実現することが可能です。
電子透かし技術は、加工・環境耐性に優れている自動認識技術です。他の技術と併用することで、実現できる自動認識システムがあります。

電子透かし情報は、ライセンスされたお客様だけが解析可能なアルゴリズムです。電子透かし技術でマーキングされた情報は偽造するこが極めて困難であることから、確実な流通管理・個品管理を可能とします


       

特徴

      
  • レーザーマーカの他に、シール・ラベルIJP、印刷等でマーキング可能

  •   
  • 傷、汚れ、サビ、メッキ、耐水、耐熱等様々な環境に対応

  •   
  • 汎用Readerやスマートフォンで検出

  •   
  • 多くのソリューションパートナーでサポート

  •   
  • 海外拠点を含むグローバル対応


  •  

JR渋谷駅より徒歩5分 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階 電話番号:03-5456-5418 | support@monic.jp